www.upplast.com/

スキューバダイビングでは履歴を残す

人々の身の回りには、色々と履歴や記録があります。
例えば銀行で何かの取引をした場合には、その取引履歴などが残っているものです。FXの取引履歴などは、かなり細かい履歴が残っている場合も多いのですが。そうかと思えば、ネット媒体でのアクセスログなどもあります。気になる方はダイビングスクールへアクセス。

 

ところでその履歴のようなものは、実はスキューバダイビングにもあります。ダイビングでは、しばしば誰かに潜水経験を示す場合があるのです。その経験を示す為に、上記のような履歴が用いられる事があります。
例えばどのような海に潜って、どのような生物と接したのか等のデータです。それを、事細かく記録します。毎回のダイビングで記録をしていき、履歴を作ります。もちろんその履歴は、ダイバーの経験を示す目安になります。その履歴を用いて、人々のに潜水経験を明示できる訳です。詳細はこちらシュノーケルにおまかせください。

 

ちなみに履歴は、ボンベ数などによって記録される事もあります。過去に何本のボンベを用いたのかという記録により、経験や回数を明示できるという訳です。